歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » スポンサー広告 » 東京 »鉄観音もう一つの話・・・東京大観音寺と頼朝・政子

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鉄観音もう一つの話・・・東京大観音寺と頼朝・政子  

前回前回へリンクでは、鎌倉の「鉄(くろがね)の井」で掘り出された鉄観音が、現在は東京都中央区にある、東京大観音寺の本尊として祭られていることを紹介しました。
今回は「新輯日本橋区誌」に載っている大観音縁起を紹介します。
この縁起によると、頼朝が平家討伐の兵を出している頃、政子が霊感によって井戸の中をさぐらせて古い鉄の観音の仏頭得たので厚く尊崇して諸願成就を祈念しました。
するとまことに霊験あらかたで源氏は勝ち軍(かちいくさ)をつづけ、頼朝はついに天下をつかさどる身となりました。
そこで頼朝は諸将に命じて金銅の丈六観音像を造らせ、新清水寺を建立したということのなっています。
観音像が東京へ移ったいきさつについては、狡猾な商人二人が鉄観音と正観音の二体を廉く(やすく)買取り、一儲けしようと船に積んで東京へ運ぶ途中、にわかに暴風が吹き起こり船は木の葉のように波にもてあそばれ、二人の商人は荒波の中に投げ出されおぼれて死んでしまいました。
しかし不思議にも船は仏像をのせたまま深川海岸に漂着しました。
これを「見聞ノ諸人奇異ノ思ヲナシ暫ク深川区ニ両像ヲ安置シ奉リシニ、往詣利益ヲ蒙ムルモノ挙ゲテ数へガタシ、因茲明治十三年中官許ヲ得テ、人形町ニ仮堂ヲ建立」したとあります。
出典 かまくらむかしばなし 沢 寿郎




スポンサーサイト

category: 東京

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/714-94153a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。