歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » スポンサー広告 » 鎌倉市 »天女が奏でる小動の老松・・・小動(こゆるぎ)神社

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

天女が奏でる小動の老松・・・小動(こゆるぎ)神社  

pzxS3E02r5_uIKq1423046547_1423046563.jpg小動神社鳥居
伝承相模風土記には往時、弘仁年中(810~822)弘法大師、小動山に登りし時、老松に神女影向あり、この松を小動の松と云うとあり。
新編鎌倉史に、土御門内大臣の歌「こゆるきの磯の松風音すれば、夕波千鳥たちさはぐなり」の歌は此処のこととも云い、或いは大磯の浜を詠うともいう。相模の名所「こゆるぎ」の歌、多しとある。社名は、古くは八王子宮、八王子大権現などと称された。相模風土記には、八王子社を鎮守とし、社地を小動(古由留義)と云うとあり、明治初年、現在の「小動神社」と改称した。
由緒文治年中(1185)佐々木盛綱の創建と伝えられる。盛綱は、源頼朝に伊豆配流の時代から仕えた武将で、源平合戦のときに神恩報賽のため守護神である父祖伝来の領国、近江の八王子宮を新たに勧請すべく、その地を捜し求めていたが、或る日、江の島弁財天に参詣の途次、小動山に登り、大いにその風光を賞せされ勧請の地と定め
られた。
新田義貞が、鎌倉攻めの戦勝を祈願をされ、後に「報賽」として「剣一振りに黄金」を添えて寄進され、社殿は再興された。
八王子宮縁起によれば、新田義貞を中興の祖と称している。
出典 小動神社由緒略記より

LnYfxLpJINDaWgh1423046614_1423046626.jpg小動神社本殿

oG3lovrDNClEXaO1423046653_1423046664.jpgさむいんです
7u97pYU8cmaf3xj1423046729_1423046747.jpg

CdHEsq5IbrPxnon1423046779_1423046792.jpg神社から見る江の島と腰越港





スポンサーサイト

category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 1

コメント

こんばんは。お邪魔します。
ほっかむりの狛犬さま かわいいですねー!!
近くに行く機会があったらお参りしたいです。

おきまちあき #1vmtGO4c | URL
2015/02/05 19:25 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/721-d4d0d9fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。